メインイメージ

包丁選びは種類と長さから

包丁選びは種類と長さから

使い勝手のよい包丁をお使いですか。調理器具は毎日の暮らしに関わることですので、包丁を選ぶ際にはさまざまな要素を考慮に入れましょう。台所の主役である、包丁。種類も多く、重さや素材もいろいろですので、用途に合わせて選びましょう。選ぶ際、刃の長さはとても重要です。

手になじむか、小回りの利くものかどうか、手入れしやすいかどうかなど、毎日の労力に直結しますので購入の前には刃渡りなどのおおまかな数字を知っておくとよいですね。切る食材が違いますから別にまったく違う道具だと思って、ご自身の台所事情に合わせて上手に選びましょう。

手に合う長さがどのくらいのものかは、店頭でじかに持ってみるのが一番です。手の大きさや、重いものを持つ力があるかどうかが密接に関わってきます。西洋料理、和料理、中華料理そのほかでそれぞれに専門の形があるもので、刃渡りは一般的に3cm刻みで定められています。ご家庭で使うもので一般的なものは以下のようなものです。

まずは「三徳包丁」です。「万能(文化)包丁」とも呼ばれ、これ1本あれば平均の台所仕事はこなせるという頼りがいのあるものです。15cm以下ですと果物用ナイフのミニサイズに近くなってしまいますので、料理用にしっかり使うものであれば刃渡り18cmや21cmが手になじみやすい長さです。それより大きい24cm以上になると重さも増しますので、手首に負担がかかったりすることもありますので使う人を選んでしまうかもしれません。持ってみて確かめてみましょう。

他に、同サイズのタイプとして「牛刀」があります。もとは肉や野菜を切るための西洋料理由来のもので、三徳包丁よりも鋭くとがった形なので、こだわりを持って使い分けされる方もあります。長さの使い勝手としては同等に考えてよいです。

果物用ナイフ(ぺティナイフ)は小さい牛刀とでもいった形状です。鋭めで、一般的には15cm、18mmくらいをめどにします。一人暮らしの方など、あまり多量な材料を使わない場合は、手始めにこれ1本を用意するのでも十分かもしれません。

専門用具を揃えたい方も多いですね。「菜切り包丁」は四角く幅広い刃が特徴的です。刃は15cm、17cmくらいを目安に。「出刃包丁」は魚をさばくために常備なさる方も多く、骨を切断できる分厚い刃を持っています。釣りが趣味の方などはさらに「柳刃包丁」を備えることもあります。長めで24cm以上のものが多いようです。

台所用品を一生ものの宝物となさる方も多いです。毎日お使いになるよき友として、暮らしを作っていきましょう。

Copyright© 2014 出刃から三徳まで、包丁のイロハをギュギュっと総まとめ All Rights Reserved.