メインイメージ

セラミック包丁

錆びずに使いやすい人気のセラミック包丁

包丁というと、一般的に金属のものを思い浮かべます。伝統的で歴史のある和包丁は、鋼(炭素鋼)を素材とします。刃物は単に硬ければ良いということはなく、硬いだけでは衝撃に弱く欠けやすくなります。
また柔らかくとも駄目で、素材を切るのに負けてしまいます。鋼は「焼き入れ、焼き戻し」の作業を経て、硬いけれども柔らかいという、粘りのある相反する性質を得るのです。
良質の鋼を使用し、職人の手による「焼き入れ、焼き直し」の作業をした刃物は、非常に高価となります。また鋼のものは、こうして硬度もあり、切れ味も抜群ですが、錆びやすいという弱点があります。錆は研げば削れますが、中まで錆が入ってしまうと、研いでも跡が残るので、こまめな手入れが必要になります。

家庭で最も使われているであろうステンレス素材もまた鋼です。モリブデン鋼もステンレスに属します。料理人が必要とするほどの切れ味には劣りますが、ステンレスも、一昔と違い、切れ味は良くなっています。

ステンレスは錆びないと一般的に言われていますが、実は錆びに強いのであって、放置も過ぎると、錆びることもあります。ステンレス包丁は性能に差があり、切れるものはやはりそれなりの価格となります。安いものだと、直ぐに切れ味が落ちてしまうこともあります。また家庭で研ぐと、やはり切れ味が落ちてしまうものもあります。

では、素材が鋼ではないセラミック包丁は、どうでしょうか。素材が鋼ではない、つまり非金属です。広義には陶磁器全般をいいますが、狭義には高温で熱処理され焼き固められた焼結体を差します。

多くは、ジリコニアセラミックと呼ばれる素材で作られています。耐熱性、耐食性、低熱伝導性、高強度などの特性に優れた素材です。

つまり、錆びずに丈夫、ということです。人気を集める点としては、先ず錆びないことが一番に挙げられます。そして切れ味が持続することも上げられます。ほかに良い点として、生ものを切っても、金属臭が移らない。

果物を切っても、酸に負けない、薄刃で切れ味が良いなどがあります。鋼のものと比べて非常に軽量で持ちやすいので、子供用などは、セラミック製のものがよく見られます。軽さと持ちやすさからか、ポップなカラーやデザインのものも見かけます。

ただ固すぎるものを切るのには向かないかもしれません。固い物を叩き切るような使い方をすると、刃こぼれし、寿命を早めます。家庭用包丁として人気がありますが、だからといって万能ではありません。ただ家庭料理のなかでは、その性能を充分に発揮できます。刃を研ぐときは、ダイヤモンドシャープナーを使うと良いです。

Copyright© 2014 出刃から三徳まで、包丁のイロハをギュギュっと総まとめ All Rights Reserved.