メインイメージ

堺打刃物

一人暮らしの包丁の選び方と堺打刃物

包丁には、種類は沢山ありますが、和、洋、中華で分けることが出来ます。
和包丁は更に、「薄刃」(野菜を切るのに便利)や、「出刃」(魚をおろすのに良い)、「柳刃」(刺身を切るのに向いている)など、用途によって様々な種類に分かれます。

洋包丁は、和よりは種類が少なく、「牛刃」のように、一つで、いろいろな用途に使えるものが多いです。また、「パン切りナイフ」や「ペティナイフ」(果物の皮むきなどに便利な小型ナイフ)なども、これに分類されています。

中華包丁は、主に刃が四角い形をしていて、一本で薄切りからぶつ切りまでいろいろ使うことが出来る便利なものです。
このように様々なものがありますが、使う人の目的にあった選び方をすると良いです。

一人暮らしをはじめて、とりあえず一本ほしいという場合には、「三徳包丁」があれば良いでしょう。これは、和と洋の両方の良いところを合わせた万能のもので、肉にも野菜にも魚にも対応していて便利です。

通常の一人暮らしの自炊であれば、この三徳包丁1本を用意すれば十分な場合も多いです。また、果物や野菜の皮むきなら、ピーラーを使った方が、綺麗に簡単にむけたり、千切りもスライサーで手軽に出来たりと、用途によっては、包丁にこだわらない方が良い場合もあります。しかし、料理の楽しさに目覚め、もっと究めたいと思ったならば、更に、出刃や、ペティナイフといったものを揃えてゆくのも良いでしょう。

それから、包丁の選び方では、その材質にも注意しましょう。主に鋼製とステンレス製があります。
切れ味を比較すると、一般的に鋼製の方が良いですが、ステンレス製の方は錆びにくく、扱いやすいです。こまめに研ぐといった手間を惜しまないのであれば鋼、そうでなければステンレスを選ぶと良いです。また、最近はセラミック製というのもあります。これは切れ味も良く、錆びません。しかし家庭では基本的に研ぎにくいのが難点です。

サイズは一般的には刃渡り18センチ前後が使いやすいです。しかし小柄な女性なら15センチ前後でも良いでしょう。
では、包丁のブランドとして有名なのはどこかというと、「堺打刃物」です。

大阪の堺周辺では、昔から鍛造と研ぎの技術が発達していおり、刃物製品の有名産地として知られていました。なかでも、刃物商工業協同組合連合会が商標登録しているこのブランドは、プロの料理人が業務用で使う刃物類の90%以上を占めると言われており、経済産業大臣指定の伝統的工芸品にもなっています。

Copyright© 2014 出刃から三徳まで、包丁のイロハをギュギュっと総まとめ All Rights Reserved.