メインイメージ

種類の使い分け

様々な包丁の種類と使い分け

まず先に包丁な素材についてですが、一番古くから使われている素材は銅です。これは錆びやすいので、こまめに手入れをしないといけません。錆びにくい素材ではステンレス製があります。これは銅よりも錆びにくいですが、切れ味は銅よりも長続きしません。また最近ではチタン製やセラミック製というものも出ています。ちなみにこの両方とも錆びにくく、切れ味も落ちにくいのが特徴です。

つぎに包丁の種類と使い分けですが、まず三徳包丁は肉や魚、野菜などのどんなものでも調理できる万能包丁です。家庭で最も一番よく使用されているのが三徳包丁になります。刃渡りは15センチから20センチぐらいが一般的です。

中華料理で使用されるのが中華包丁です。その中でも種類があり、骨か付いたままの硬い肉などを切る厚刃、野菜などを刻むための薄刃、この2つの中間的なものもあります。中華料理ではこれ一つでほとんど調理をします。刃こぼれがしにくいのが特徴で、刃渡りは20センチから25センチぐらいになります。

魚を捌くために使われるのが出刃包丁になります。これは魚の頭を切り落として、切り身にすることを考えられて形を作られているのです。ですので切れ味が良いのが特徴です、しかし刃こぼれしやすいのが難点です。刃渡りは様々で10センチぐらいの物から長い物では50センチぐらいになります。15センチほどあれば大抵の魚は捌けるでしょう。

野菜などを切るのに使用されるのが菜切包丁です。刃が薄く幅が広いのが特徴で、キャベツや白菜などをぶつ切りにしたり、野菜の皮をむくのに便利です。しかしこれは銅製が多いので錆びやすく、手入れをこまめにしなくてはなりません。

舟行包丁という種類は、その名の通り漁師の方が獲った魚を船の上で調理するのに使用されるものです。そして魚だけでなく野菜や肉などを切ることもできるので万能なものです。

そのほかにはパンを切ることに使うパン切りナイフなどもあります。これは刃が波刃になっていて、ノコギリを使う様に動かし使います。柔らかいパンやカステラなどを切るときに最適で、長期間使用しても切れ味が変わらないのが特徴です。

ペティナイフというものもあり、ペティというのは小さいという意味があり、ステーキなどの付け合わせで使用する人参やじゃが芋などの面取りや野菜を飾り切りするときに使用されるナイフです。刃渡りは10センチから15センチぐらいのものになります。

これ以外にも包丁の種類はありますが、一般的によく使われるものはこれらの物になります。それぞれの用途に合わせて使い分けると良いでしょう。

Copyright© 2014 出刃から三徳まで、包丁のイロハをギュギュっと総まとめ All Rights Reserved.